loading

ECC 学校法人 山口学園

写真

コンテンツへ

単位認定・成績評価・卒業認定について
ECC国際外語専門学校

単位認定について

第4章 単位認定


第7条(単位認定方法)

各科目の単位認定は、以下の基準を全て満たすことで行う。
(1)授業出席率が75%(アーティスト美容専門学校美容科実習科目は80%)以上であること。
(2)総合評価点が60点以上であること。

第8条(総合評価点) 

各授業または単元終了時の「テストの点数」及び授業の取り組み状況から決定される 「平常点」・「課題点」から決定される。点数配分は各科目の内容により異なる。

第9条(平常点・課題点)

平常点と課題点は、授業の取り組み状況から決定される。点数配分は各科目の内容により異なる。

第10条(学期末試験・評価)

各科目の評価は前期・後期それぞれの期末に実施する。評価結果は保護者または保証人に郵送通知する。(アーティスト美容専門学校美容科通信課程を除く)

成績評価について

第11条(成績評価ランク)

算出された総合評価点に基づき、下記のように成績評価ランクを決定する。
また、2020年度より実施予定の文部科学省による、「高等教育無償化の制度」適用条件の判定材料として、グレードポイントを設ける。

総合評価点 ランク グレードポイント 合否 基準
90点~100点 A 4.0 合格 特に優れている。
80点~89点 B 3.0 合格 優れいている。
70点~79点 C 2.0 合格 一定の水準を満たしている。
60点~69点 D 1.0 合格 最低限の理解をしている。
0点~59点 F 0.0 不合格 学習目標に達していない。

2 GPAの適用

GPAとは"Grade Point Average"の略で,学生の成績評価方法の一つであり、本学園では学生自身が学習効果を数値化して把握するため、GPAを適用している。履修した科目の評価「A」,「B」,「C」,「D」,「F」に対して、それぞれ「4」,「3」,「2」,「1」,「0」のGP(Grade Point)を与え、取得したポイント(GP×単位数)の合計を履修登録された総単位数で割った、1単位あたりの成績の平均値である。

3 GPAの算出方法

(4×「A」の単位数+3×「B」の単位数+3×「C」の単位数+1×「D」の単位数+「F」の単位数×0) ÷ 総履修登録単位数 ※特別単位はGPAの計算に算入されない。

卒業の認定方針について

教育目的に基づいた教育目標・ディプロマポリシー・カリキュラムポリシーを分野ごとに定めており、HANDBOOK掲載によって学生および保護者に伝えている。

ECC国際外語専門学校 ディプロマポリシー

ECC国際外語専門学校は、山口学園の理念・本校の教育目的および教育目標に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位または成績を修めかつ、卒業までに指定された検定試験、プログラムに関して合格または科目を修得した学生に対して、卒業を認定する。

ECC国際外語専門学校 カリキュラムポリシー

『専門力』
1年次から専門的知識・技能に特化したカリキュラムを設定し、業界及び進学先に必要とされるスキルや知識に加え、問題解決力や広い視野、トレンドを察知する能力を養う。
企業等と連携して、最新の知識、技術、技能を身に付けられる実践的な職業教育または高等教育機関への進学教育に取り組む。

『人間力』 
グループ活動、国内外のインターンシップ、ボランティア活動等の社会貢献活動、学外研修等を通じて、人の考えを聞き自分の考えを人に伝える力、リーダーシップ、問題解決力、協調性、責任感を養う。

『国際力』
語学教育、海外留学などを通じて、語学関連の資格・検定取得に取り組み、グローバル化に対応できるコミュニケーション能力を養う。同時に学内における留学生との協働を通じて多様性を学ぶ。

学科・コース別ディプロマポリシー(DP)、カリキュラムポリシー(CP)

エアライン学科 エアラインコース

DP

エアライン業界で即戦力になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・エアライン業界で求められている接客技術・マナーを身につけている。(専門力)
・エアライン業界で求められている英語運用能力を身につけている。(国際力)
・エアライン業界において習得するべき概論を理解している。(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

エアライン業界人としての専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・エアライン業界の現状や、業界の企業について理解を深める。(1年前期)
・業務で使う英語運用力、第二外国語運用力を身につける(1年前期~2年後期)
・接客業に不可欠なマナーや礼節を資格取得を通じて身につける。(1年前期~2年後期)
・エアライン業界に求められる人材について理解するとともに、教養を身につけ、それを表現できる力を身に付ける(1年後期~2年後期)

ホテル・観光学科 ホテルコース

DP

ホテル業界で即戦力になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・ホテル業界で求められている接客技術・マナーを身につけている。(専門力)
・ホテル業界で求められている英語運用能力を身につけている。(国際力)
・ホテル業界において習得するべき概論を理解している。(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

ホテル業界人としての専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・ホテルでの宿泊部門・料飲部門・宴会部門での業務を理解し、現場で動ける力を習得する。(1年前期~2年後期)
・業務で使う英語運用力を身につける(1年前期~2年後期)
・接客業に不可欠なマナーや礼節を資格取得を通じて身につける。(1年前期~2年後期)
・ホテル業界に求められる人材について理解するとともに、教養を身につけ、それを表現できる力を身に付ける(1年後期~2年後期)

ホテル・観光学科 トラベルコース

DP

トラベル業界で即戦力になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・トラベル業界で求められている接客技術・マナーを身につけている。(専門力)
・トラベル業界で求められている英語運用能力を身につけている。(国際力)
・トラベル業界において習得するべき概論を理解している。(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

トラベル業界人としての専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・国内地理・海外地理・観光資源の知識を習得する。(1年前期~2年後期)
・業務で使う英語運用力を身につける(1年前期~2年後期)
・接客業に不可欠なマナーや礼節を資格取得を通じて身につける。(1年前期~2年後期)
・旅行の約款・料金・海外旅行実務・添乗業務を資格取得を通じて学ぶ。(1年前期~2年後期)

総合英語学科 総合英語コース

DP

グローバルに対応した人材になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・グローバル社会に対応した言語能力を身につけている(国際力)
・多文化共生で求められる主体性、想像力、柔軟性、批判的考察力、論理的思考能力を身に付けている(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

グローバル社会に対応する専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。

・社会で起こっている事象に関心を持ち、意見を発信する。
・ボランティア活動に従事し、経験値を高め、成果物の創出に取り組む。
・英会話だけでなく、ビジネス社会で通用する語彙力・表現力・対応力を磨く。
・一般常識、教養レベルの向上にも取り組み、関連する資格の取得を目指す。

国際留学学科 語学留学コース

DP

グローバルに対応した人材になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・グローバル社会に対応した言語能力を身につけている(国際力)
・多文化共生で求められる主体性、想像力、柔軟性、批判的考察力、論理的思考能力を身に付けている(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

グローバル社会に対応する専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・社会で起こっている事象に関心を持ち、意見を発信する。(1年前期~2年後期)
・留学を通じて、語学運用力を高めると共に、海外生活の中で自主的に行動できる力を身に付ける。(1年後期)
・日常英会話だけでなく、ビジネス社会で通用する語彙力・表現力・対応力を磨く。(2年前期~後期)

国際ビジネス学科 国際ビジネスコース 国際ビジネス・国際物流・通関士専攻

DP

海外取引の現場や貿易・物流業界に対応した人材になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・海外取引の現場や貿易・物流業界に対応した言語能力を身につけている(国際力)
・海外取引の現場や貿易・物流業界で必要となる知識を習得している。(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

海外取引の現場や貿易・物流業界に対応する専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・海外取引の流れを理解し、業務に必要な知識を身につける。(1年前期~2年後期)
・業務で使う英語運用力を身につける(1年前期~2年後期)
・海外取引に必要な知識や技術を資格取得を通じて身につける。(1年前期~2年後期)

アジア言語学科 アジア言語コース 韓国語専攻

DP

グローバルに対応した人材になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・韓国語・英語の運用能力を身につけ論理的にものごとを理解し、自らの意見を表現できるようになる。(国際力)
・多文化共生で求められる主体性、想像力、柔軟性、批判的考察力、論理的思考能力を身に付けている(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

グローバル社会に対応する専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・インバウンド関連業種への就職や韓国大学編入に対応できる英語・韓国語の言語運用力を身につける。(1年前期~2年後期)
・1年次に参加する留学を通じて多様な文化を理解するとともに、言語運用力習得に努める。(1年後期)
・一般常識、教養レベルの向上にも取り組み、関連する資格の取得を目指す。(1年前期~2年後期)

こども教育研究学科 こども教育コース・こども英語コース

DP

次に掲げる知識・技能などを身につけ、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・教育に対する情熱や使命感を持ち、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士として優れた指導力を発揮できるようになる。
・教科指導、生活指導、課外活動などの教育活動を推進できるようになる。
・コミュニケーション力、多文化強制力を身につけ、小学校、幼稚園、保育園での英語授業実践において指導的な役割を担えるようになる。

CP

こども教育現場に対応する専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・教育実践感覚などを養成するため、1年次から保育園~小学校などの教育現場での体験や、こどもと関わるボランティア活動に取り組む。(1年前期~4年後期)
・4年間を通じて英語科目を履修し、本格的な英語力を身につけるだけでなく、児童英語教授法を学びこどもに対する授業提供できる力をつける。(1年前期~4年後期)
・姫路大学、佛教大学との提携により保育士・幼稚園教諭・小学校教諭における全領域にわたる専門知識と実践的指導力など教育力の習得をめざす。(1年前期~4年後期)

国際キャリア学科 海外インターンシップコース

DP

グローバルに対応した人材になりうるためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・グローバル社会に対応した言語能力を身につけている(国際力)
・多文化共生で求められる主体性、想像力、柔軟性、批判的考察力、論理的思考能力を身に付けている(専門力)
・目指す業界に必要な専門知識やスキルを身に付けている。(専門力)
・チームで業務にあたることのできる他者コミュニケーション力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身に付けている。(人間力)

CP

グローバル社会に対応する専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・留学を通して、語学運用力を高めると共に、海外生活の中で自主的に行動できる力を身に付ける。(2年前期~後期)
・海外での就業経験を通じて、社会人としての責任感やグローバル社会で求められるコミュニケーション力を身に付ける。(2年前期~後期)
・目指す業界の現状や、業界の企業について理解を深める。(1年次、3年次)
・目指す業界に求められる人材について理解するとともに、教養を身につけ、それを表現できる力を身に付ける(1年後期~3年後期)
・業務で活用できる英語運用力を身につける(1年前期~3年後期)

国際ビジネス学科 大学編入コース

DP

大学に編入後も進学先で専門知識を修得し、自身の研究を継続するためのカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めた学生に対して、卒業を認定する。
・編入後の大学学部で求められている専門知識及び研究計画・構想能力・継続学習能力を身につけている。(専門力)
・大学編入学試験に合格できるための学部基礎知識、論文作成能力、面接試験対応能力を身につけている。(専門力)
・専門領域での英書読解能力、表現能力及び英語でのコミュニケーション能力を備えている。(国際力)
・大学の目指す目標人材を理解した上で、思考力、判断力、ディスカッション能力を身につけている。(人間力)
・自身の能力を把握する力、自分で問題を解決する力を身につけている。(人間力)

CP

大学編入後、各自の専攻の研究を継続できる専門的知識・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・大学1・2年次で修得すべき一般教養、英語の基礎的能力を習得する。(1年前期)
・大学進学後不可欠となる論文作成能力・表現能力を身につける。(1年前期~2年後期)
・志望学部を決定し、専攻別に編入試験合格に必要である基本的な専門知識を習得する。(1年後期)
・自身が定めたテーマについて継続的に研究を進めていくための諸能力及びコミュニケーション能力を身につける。(1年後期~2年後期)

国際ビジネス学科 国際ビジネスコース 日本観光ビジネス専攻

教育目標

日本での観光業界(ホテル、旅行会社)への就職を目指し、即戦力となるべく日本流接客力(おもてなし力)と専門知識をもった人材を養成する。また、インターンシップや実践授業を行うことによって就職率100%を目指す。

DP

教育目標に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めかつ、卒業までに指定された検定試験に合格または科目を修得した学生に対して卒業を認定する。
・観光業界で求められる知識を日本語で修得している。(専門力)
・観光業界で必要な洞察力と社会へ貢献する意欲、奉仕精神を有している。(人間力)
・グローバル社会において、多言語(母語、日本語、英語)で対応できる優れたコミュニケーション力を備えている。(国際力)

CP

観光業界従事者として必要な専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・観光専門分野の基礎知識、国内外の観光業界の環境変化を学習する。(1年次)
・即戦力として活躍できる企画力、提案力、プレゼンテーション能力を身に着ける。(2年次)
・日本語力の向上と一般ビジネス日本語及び観光接客日本語を学ぶ。(2年間)
・レベル別編成の英語科目を履修し、基礎から実践まで幅広い英語力を磨く。(2年間)
・観光サービス業で従事するための良質な価値観、日本文化、礼儀作法を養う。(2年間)

国際ビジネス学科 国際ビジネスコース Business & Management専攻

教育目標

日本国内での就職を目指し、母国との懸け橋になる職種に就くために必要な高い日本語力とビジネス知識、プレゼンテーション力を持った人材を養成する。またインターンシップや企業連携による実践的授業によって即戦力人材としての就職100%を目指す。%を目指す。

DP

教育目標に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めかつ、卒業までに指定された検定試験に合格または科目を修得した学生に対して卒業を認定する。
・企業で求められるビジネス実務能力を身に着けている。(専門力)
・ビジネスに対応できる学問的基礎理論を修得している。(専門力)
・協調性をもって他者とのコミュニケーションをとることができる。(人間力)
・企業人としての視点から企画書を立案でき、高いプレゼンテーション力を持つ(専門力)
・多国籍の人々と協働し、問題解決に向けて踏み出せる積極性と国際的センスを備えている。(人間力)
・グローバル社会において、多言語(母語、日本語、英語)で対応できる優れたコミュニケーション力を備えている。(国際力)

CP

多国間展開企業で活躍できるビジネスパーソンとして必要な専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・マーケティングを学び、経営戦略やグローバルマーケティング思考を身につける。(2年間)
・即戦力になるため貿易実務、物流の知識を習得する。(2年次)
・データ分析、統計を学びPCスキルと消費者傾向を予測する知識を学ぶ(2年次)
・卒業制作として店舗企画を立案し実践的な発表を行う。(2年次)
・日本語力の向上と一般ビジネス日本語を学ぶ。(2年間)
・レベル別編成の英語科目を履修し、基礎から実践まで幅広い英語力を磨く。(2年間)
・日本の文化的知識とビジネスマナー学ぶ。(2年間)

国際ビジネス学科 国際ビジネスコース 日本ビジネス専攻

教育目標

日本国内での就職を目指し、日本語力、異文化理解力、ビジネス知識を持った人材を養成する。またインターンシップや企業連携による実践的授業によって即戦力人材としての就職100%を目指す。%を目指す。%を目指す。

DP

教育目標に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修めかつ、卒業までに指定された検定試験に合格または科目を修得した学生に対して卒業を認定する。
・企業で求められるビジネス実務能力を身に着けている。(専門力)
・日本文化の特色を理解し、日本企業でビジネスにいかすことができる。(専門力)
・協調性をもって他者とのコミュニケーションをとることができる。(人間力)
・グローバル社会において、多言語(母語、日本語、英語)で対応できる優れたコミュニケーション力を備えている。(国際力)

CP

多国間展開企業で活躍できるビジネスパーソンとして必要な専門力・人間力・国際力を兼ね備えた人材を育成するため、以下の意図をもってカリキュラムを構成している。
・マーケティングを中心に学習し、実践的ビジネス思考を養う。(2年間)
・即戦力なるため貿易実務、会計の基礎知識を学ぶ。(2年間)
・日本語によるプレゼンテーション力を身に着ける(2年間)
・日本語力の向上と一般ビジネス日本語を学ぶ。(2年間)
・レベル別編成の英語科目を履修し、基礎から実践まで幅広い英語力を磨く。(2年間)
・日本の文化的知識とビジネスマナー学ぶ。(2年間)