loading

ECC 学校法人 山口学園

(H)こどもの食と栄養ⅡB

科目概要

科目名 (H)こどもの食と栄養ⅡB
担当教員 須田 あゆみ
実務経験の有無 あり
実務経験 保育園に勤務後、保育者養成校(大学、短大)に勤務。
単位数 2
授業形態 講義+演習
学期 後期
科目概要 姫路大学通信教育部の科目概要を参照して下さい。
学習到達目標 1)子どもの発育・発達にそった適切な食指導と助言ができる。 2)食物アレルギーや障害のある子どもなど、1人1人の心身の状態に応じた対応ができる。 3)保育における食育の意義を理解し、年齢や時期、保護者支援を視野に入れた食育計画を立てることができる。4)自身の食生活に意識が向くとともに、食育の環境作りに大切な事柄が分かる
テキスト
成績評価方法 試験30% 平常点50% 課題点20% で評価します。
授業計画
1 子どもの健康と食生活の意義(食生活の現状と課題、小児の特徴)
2 栄養に関する基礎知識   (栄養の基本的知識、献立の立て方) 
3 子どもの発育・発達と食生活―乳児期(母乳栄養、人工栄養、授乳の意義)
4 子どもの発育・発達と食生活―離乳期①(離乳の意義および進め方)
5 子どもの発育・発達と食生活―離乳期②(離乳期の支援) 
6 子どもの発育・発達と食生活―幼児期①(幼児期の特徴、間食の在り方)
7 子どもの発育・発達と食生活―幼児期②(幼児期における食の問題点)
8 子どもの発育・発達と食生活―学童期 (学童期の特徴および問題点)
9 子どもの発育発達と食生活 ―生涯発達と食生活(望ましい食生活とは)
10 家庭や児童福祉施設における食事と栄養(家庭と施設の役割、行事食)
11 特別な配慮を要する子どもの食と栄養①(食物アレルギー)
12 特別な配慮を要する子どもの食と栄養②(疾病および体調不良、障害がある子ども)
13 食育の基本と内容① (食育の意義・目的と基本的な考え方、計画)
14 食育の基本と内容② (食育の実際:計画、評価、環境作り、連携)
15 食育の基本と内容③、まとめ(保育者の役割、保護者支援)

※ 授業計画表の内容は学習状況により変更となる場合があります。